レーシック手術【失敗しないために】

近視・乱視・遠視でメガネやコンタクトを手放せない人たちにとって、視力を取り戻し、裸眼で過ごせるようになるレーシック手術は、とても魅力的なものでしょう。
 とはいえ、費用は決して安くないですし、クリニック選びのポイントや、手術前に知っておきたいことと注意点なども、多々あるはずです。

 

 まず、レーシック手術を受ける前に知っておくべきなのは、手術ができないケースもあるということです。
 人間の角膜の厚さには個人差があり、角膜を削るレーシックを受けるための厚さがないと判断されたら、手術は行いません。
 また、眼球に問題や疾病があった場合も、レーシック手術が受けられないことがあります。
 これらは、適応検査を受けなければわかりませんので、まずは医師のカウンセリングを受けましょう。

 

 次に知っておきたいのは、レーシック手術には、いろいろな方法があることです。
 クリニックによって、取り入れている手術法が違いますし、費用や安全性などを事前に調べておきましょう。

 

 では、実際のクリニック選びは、何を基準にしたらいいのでしょうか。
 まず、眼科の専門医かどうか、視力矯正手術トレーニングを受けた執刀医が何名いるのかを、確認しましょう。
 そして過去に手術の実績が豊富かどうかが、二つ目のチェックポイントになります。
 病院や医師の経験値を知るには、手術件数または、1眼単位で両目で2眼と数える累積○眼かを質問するとよいでしょう。

 

 そして、手術を決める前に覚えておいてほしい注意点としては、レーシックの効果は100%ではないことです。
 視力が軽度から中度であれば、1.0程度まで視力が戻るケースがほとんどです。
 ですが、約10%の人は、思うような視力回復が望めないのが現実。それでも、費用の支払いはしなければなりません。

 

 技術が進むレーシックのさまざまな情報を収集し、しっかり比較検討してから、手術を受けるようにしてくださいね。